Skip to content →

即席通訳の難しさについて

通訳はとにかく難しいと思います。私自身ニューヨークに留学経験 があり英語が堪能ですが、同時通訳は難しいです。外国語の通訳をする時、私はメモ帳必須です。というか逆に言えばメモ帳がないとわりと不安です。なにも四六時中、訳す相手の言葉をメモ帳に書き写しているわけではありませんよ。むしろ、外国語の通訳をする場所によっては、メモなしでもずっと通訳をしている時があります。

けれど時々、相手が何を話しているのか、何を伝えないのかわからない時がないとも言えませんからね。ですからもしもの時のためにも、メモ帳は携帯しておくのです。困った時には相手にメモ帳に伝えたいことを書いてもらうというわけです。

それに、まだ「英語の通訳」ならばいいでしょう。私レベルの通訳でもなんとかなったりしますから。けれども、相手の母国語が「英語」ではなく、英語を共通語として会話をする際には、メモ帳が必要になったりするのですよね。お互いのコミュニケーションが取れなかった時に、何を言いたいのかとイラストも添えて書いてもらえば、なんとなくでも通じることもあるのです。ですから私は、外国語の通訳をする際には、メモ帳必須だと思っています。

以前一緒に住んでいた外国人のルームメイトが病院に行くときに通訳としてついていったんですが、言葉を頭をひねってやっと出すといった感じでした。とにかくスピードが速くテンポ良く通訳できないと遅れてしまうということですね。リズムが大事みたいに思います。あとはお互いの人たちが何を言おうとしているのか、直訳じゃない言葉や会話が意外と物事をスムーズにしてくれることがあります。ですので、そういった言葉を見極めて、タイミング良く使用していくのがかなり難しいのかなあと思いました。

専門的な言葉は簡単な言葉に直したりしてもいいんですが、どうやって直そうと考えてしまっていますともう事態を終わってしまいます。反射神経なども結構必要な気がしています。あとは一文ずつの通訳ですとまだ覚えているんですが、長文通訳なんかは1分前は何を話していたのか結構長い文章になりますから難しいです。

PR||マッサージのリアル口コミ.com|健康マニアによる無病ライフ|お小遣いNET|工務店向け集客ノウハウ|住宅リフォーム総合情報|お家の見直ししま専科|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|AGAお悩み相談.com|女性のための薄毛治療研究会|美容と健康女性ランキング|会社経営に必要な知恵袋