Skip to content →

ウェブライターと文体の理解

ウェブライターをする場合、クライアントが求める文章を書き、それを納品する必要があります。そのためには最低限必要な知識があります。それは文体に関するものです。

文体には会話調のものもありますが、通常は普通体の「だ・である調」とていねい体の「です・ます調」に分けられます。このうち、一般的にウェブライターに求められるのは「です・ます調」です。これは文末の基本が「です」「ます」といったていねいな言葉になるものです。

これに対して論文などで使われるのが普通体の「だ・である調」です。ウェブライターの場合、特に指定が無ければ、「です・ます調」で書くのが良いでしょう。気をつけないといけないのは「だ・である調」と「です・ます調」の混用です。

これをやってしまうと、クライアントから「だ・である調」と「です・ます調」の違いもわかっていないと思われても仕方がありません。ウェブライターとして仕事をする以上、文体の違いはきちんと理解しておきましょう。